韓国専門書籍販売ソウル書林

夢陽先生67回忌追悼集会を終えて

大阪にて初めての夢陽呂運亨先生の記念集会の準備にあたり大勢の在日3・4世の間には
夢陽先生の名前すら知らない実態に戸惑いを感じながら―

日帝時代の偉大な独立運動家であり、
解放空間における左右合作運動を通じ、自主的民族統一の実現に邁進した進歩的民族主義者 夢陽先生の理念と思想をもっと広く知らせる事が今日、切迫した南北間の閉塞的な関係を解決する智慧を見出す事ができると実感致しました。
又、高齢にもかかわらず横浜から駆けつけていただいた鄭敬謨先生の今の日本の右翼化の根本思想の根源にふれる貴重な内容の講演に深く感謝します。

当日の司会、受付の青年の方々、賛同者、賛助金の協力をおしまなかった方々にこの紙面を借り、
感謝の御礼を厚く申し上げます。
又、夢陽先生紀念事業会の李富栄会長 並びに ウリギョレマンナム水曜会から贈呈していただいた花は
会場に彩りを加え、全体の雰囲気を醸成していただいたことにも感謝の御礼を厚く申し上げます。

来年は総括の上、大勢の方が集まるように努力する所存で御座います。

ソウル書林 代表 李慈勲

公演・催事

67回忌 夢陽 呂運亨先生追悼集会
2013. 7/20

 日本の植民地支配下にありながら、朝鮮のみならずロシア・中国・日本を舞台に文字どおり多彩な独立運動を繰り広げ、1945年解放直後にはいち早く立ち上げた草の根民衆組織・建国準備委員会を母体に「オール・コリアン」の朝鮮人民共和国樹立を宣言し、その実現をめざして、困難な社会情勢のなかでも南における左右社会団体の合作と南北朝鮮の連合を根気強く推し進めていた稀代の民族主義者である夢陽・呂運亨(モンヤン・ヨウニョン)が、彼の存在におびえる李承晩(イスンマン、のちの韓国初代大統領)の放ったテロリストの凶弾に倒れたのは、1947年7月19日のこと。それから66回目の夏が巡ってきます。

夢陽・呂運亨先生追悼記念講演 鄭敬謨先生

日時:2013年7月20日(土) 14:00~16:30(受付13:20~)
講師:鄭敬謨 / 司会:鄭祐宗

リーフレット

会場: 大阪市立 東成区民センター 小ホール

入場料: 1,200円

主催: ソウル書林

主管: 夢陽 呂運亨先生追悼記念講演実行委員会

会場アクセス

大阪市東成区大今里西3丁目2番17号 地下鉄千日前線・今里筋線「今里駅」下車 2番出口から西へ徒歩約3分